[Valid RSS] お金持ちになる第一歩の貯金がなぜできない? | 帰り道
スポンサーリンク

お金持ちになる第一歩の貯金がなぜできない?

こんにちは(^o^)haruです☆

以前、お金持ちになるためには、投資(お金を元手にしてお金を増やす行為)が絶対に必要だというお話しをしました。

関連記事
同じ会社員なのになぜか貧乏人と金持ちが存在する

しかし、これを知って勉強しだだけではお金持ちにはなることができません。

なぜなら、まず元手にするお金が無ければ投資はできないのですからねっ。

つまり、貯金をする事ができない人はいつまでたっても投資にたどり着く事が出来ません。

しかし貯金は難しいですよね。

 
 

スポンサーリンク

貯金ができない人の共通点


お金を貯める事が苦手な人はみんな同じ落とし穴にはまっています。

例えば、勤めている会社の給料が毎月20万円だったとします。

それで毎月なんとか生活をやりくりしているので、貯金するお金を捻出することはできません。

そして仕事での努力の結果、給料が25万円に昇給しました。

これで、増えた給料の5万円を貯金に回すことができるのです。やっと投資を始める第一歩だと喜びます。

しかし不思議なのですが、その後も全く貯金が溜まることがありません。
本来なら昇給してから半年経っているのですから30万円は貯まっているはずなのに、なぜか未だに0円です。

給料か増えているのに、なぜか出費が増えて貯金が貯まらないのです。

贅沢しているわけでもなく、今までと同じように節約生活をしているはずなのに毎月お金が残らないなんて不思議です。

こうなると次に考えることは、

「やっぱり自分は給料が高くないから貯金なんかできないんだ。」

「結局はお金持ちしか、投資することができないんだ。」

という思考にたどり着いてしまいます。
こんな考えは完全な間違いです。

そのうち、お金持ちになることも貯金することも諦めてしまいます。

ほとんどの人は、こんな結果に陥るのではないでしょうか?

お金を貯めることができない人は、大事な視点が一つ抜け落ちているからです。

これを理解しなければ、お金を貯めることもできませんし、投資して利益が出ても、お金を増やす仕組みをうまく循環させることができません。

その視点とは「お金の価値の基準値」です。

人は、状況によってお金の価値観が変動してしまいます。

あなたにとって1000円ってどのぐらいの価値でしょうか?

多分、大金だと答える人はほとんどいないですよね。

しかし、あなたが小学3年生の時ならどうでしょうか?
欲しいお菓子がなんでも買える魔法のプラチナチケットのような価値に感じていませんでしたか?

小学生の時には1000円って言えば大金なのです。

それが大人になって持っているお金の量が増えると、1000円なんてちっぽけな価値にしか思えなくなってしまうのですね。

手の届かない大金に、手が届くようになるとそれは大金じゃなくなってしまいます。

そのため、気づかないうちに自分でお金の価値を下げてしまっているのです。

子供と大人では、お金の使い方が違うから価値観が違うのは当たり前でしょって思うかもしらませんが、大人になってからも価値観なんてどんどん変わってしまいます。

はじめての就職で辛い仕事を頑張って手に入れた初任給の20万円って誰にとっても大金だったはずです。

友達と遊びに行く時に財布に1万円札が入っているだけでドキドキしたりします。

年月が経ち、その仕事でベテランになると、新たな手当てや昇進によって気がつけば貰える給料が40万円に上がっています。

そうなると、以前には大金だと思っていた20万円ぐらいの金額に価値を感じなくなってしまいます。

財布に1万円札が何枚も入っていても何も感じません。一万円なんてすぐに飛んでいってしまいますからね。欲しいものは一万円なんかじゃ買えなくなっているのです。

なぜか一万円の価値が下がってしまったと錯覚してしまうのです。

このように、手に入る収入の量が増えればお金の価値観はどんどん下がっていきます。

そしてこれが、貯金ができなくなる原因なのです。

気づかないうちに生活レベルが上がっているので、残るはずのお金が残りません。

500円で済ませてたランチは、いつのまにか1000円のランチを選ぶようになっていたり、洋服もいつのまにか好きなブランドにこだわるようになっていたりします。

人間は誰でも、収入がたくさんあれば、「このぐらいはいいだろう。」って気持ちになり簡単に浪費してしまうようになるのです。

更に、一度上がってしまった生活レベルを下げることは困難です。

もう一度節約生活をしようと思っても、もうこの時点では、毎月20万円で生活をやりくりしていた頃の生活には戻せません。

昔はできていたのに、月20万円で生活するなんてとても惨めな気持ちになってしまうのです。

 
 

貯金できるようにするために


お金の価値観の基準がずれてしまうから、貯金ができないのです。

これの解決方法はシンプルに、価値観を固定すれば良いのです。

逆にこれができなければ、給料が5万円上がっても10万円上がっても貯金が貯まることはありません。

貯金できる人は、基本的にお金の価値観があまり変動することはありません。

例え、予期せぬ臨時収入が入ったとしても、「これくらい使っても良いか」というよな買い物はしません。

単純に給料が増えても臨時収入が入っても、生活レベルを変えなければ良いんです。

とても簡単なことですよね。

「それが難しいんだ!」という方がほとんどなのかもしれませんが、明確な目的意識を持つことで確実に実行できるはずです。

ただ、貯金がしたいという目標ではダメです。

例えば、お金を貯めたらその先に「投資資金にしてお金持ちになる!」など具体的な目的を持つことです。

そしてお金持ちになった後の楽しい生活を思っ切り想像してみましょう。

これでも、貯金ができないのだとしたら、あなたは本当は「お金持ち」になる気がないということです。

 
 
関連記事お金に縛られない人はお金の使い方が違う

何よりも大事なお金の教育

コメント