[Valid RSS] 無理なダイエットが引き起こす危険な現代病(睡眠関連摂食障害) | 帰り道
スポンサーリンク

無理なダイエットが引き起こす危険な現代病(睡眠関連摂食障害)


こんにちは(^^)/haruです♪

朝目覚めたら、置いていた食べ物が誰かに食べられて無くなっていたと言うような経験はありませんか?

一緒に住んでいる家族が勝手に食べたのかと思い聞いてみてもも「知らないよ」と言われたりします。

もしかしたら、妖精か何かが現れて寝ている間に食べて行ったのかもしれませんね。

このような不思議な体験をする人は結構多いと言われています。

実際に私の周りにもこのような体験をした人がいますから。

実はコレ、寝ている間に無意識の内に自分で食べてしまっている可能性が高いのです。

 

スポンサーリンク

睡眠関連摂食障害


これは、寝ている間に夢遊病のように起き出して、自分の意志とは関係なく食べ物を食べてしまうという症状です。

寝静まった頃に急に起き出して、無意識で何かを食べて、またもとどおり布団に入って寝るのです。
だから朝起きたときには自分がそんな行動をしていたのに気づかないのです。

この症状が起こる原因は、無理なダイエットや睡眠不足などが考えられます。

ダイエットのために無理して食欲を我慢することは、人間の生存本能に反する行為です。そこで血糖値が下がりすぎて飢餓状態になると、生きるための本能が勝手に体を動かして食べ物を摂取しようとするのかもしれませんね。

そのせいか、食べる物は高カロリー高血糖な物が多いようです。

更に、日本人は比較的睡眠不足の傾向があり、様々なストレスを抱えていることで睡眠障害に悩んでいる人も多いのです。

質の低い睡眠状態と、飢餓状態を併発することで引き起こしやすくなる症状なのです。

かなり危険な症状


自分の意識しないところで体が勝手に行動してるのかと思うとちょっと怖いですが、実際は食べ物を食べているだけなのでさほど大きな問題ではないような感じもします。朝起きたら、大好きなお菓子なんかが無くなっていたらかなりショックですが……。

しかし、この症状は実はかなり危険なのです。

 

1.食用じゃない物を食べてしまう可能性がある。

自分の意識外なので、食べれる物かどうかをしっかり判断できているかが分かりません。寝ているか起きているかもわからない状態ですからね。

そのため、賞味期限が過ぎて腐っている物や、酷い場合には台所の洗剤を間違えて飲んでしまうという危険もありえます。

食べるものによっては死に至る事もありえますよね。
謎の自殺事件となってしまう可能性があるのです。

 

2.無意識で調理をしてしまう事もある。

食べるだけではなく、レンジやトースターを使って温めたり、フライパンで炒めたりしてしまう事も報告されているようです。

これも、無意識の中で判断力が有るか無いかがわからない状態ですからかなり危険ですよね。コンロの火が消せてなければ火事を起こす危険性がありますし、包丁などで怪我をしてしまう事も考えられます。

 

3.買い物に出ていってしまう。

家の外に出て、食べ物を買いに行ってしまう事があるようです。しかも、車を運転して買い物に行っている事もあるのです。

これも、無意識で判断力が有るかどうかもわからない状態なので、自分だけではなく、他人に迷惑をかけてしまう可能性が考えられますよね。

もしかすると、車の運転で事故を起こしてしまう危険性もあるのですからとても恐ろしいです。

 

極度の我慢は危険


人間は、私たちが想像もできないような行動を起こしてしまうことがあるのです。

我慢することは、自分にストレスを与えることになります。

そのストレスが大きくなれば、このような異常な行動を起こしてしまう可能性が高くなるのですね。

結果、我慢することは自分自身には良くないと言うことです。

特に食欲というものは人間が生きるために絶対に必要な欲求なので、その欲求には逆らってはいけないのです。

関連記事
脚をスリムにできる簡単な脚痩せダイエット

失敗するダイエットの原因。本当は簡単に成功できます。

コメント