ギャンブル依存を推進する日本の経済


こんにちは(^^)haruです♪

みなさんは、ギャンブルに対してどんなイメージをお持ちでしょうか?

多分、多くの方はネガティブなイメージを持っているのではないでしょうか?

それはギャンブル依存で精神的にも経済的にも追い詰められたりしている人がいたりするなど、問題が発生しているからですよね。

私はギャンブルはしませんし、まわりの人にもギャンブルをする事をオススメしません。

そんな日本はギャンブルが基本的にはダメな国なのですが、たくさんのギャンブルが存在しているのは不思議ですよね。

今回は、日本のギャンブルについてのお話しです。

 
 

スポンサーリンク

ギャンブル大国


日本は、海外から見ると異常なぐらいギャンブルが溢れています。

宝くじ、競馬、競艇、パチンコなど誰でも手軽に賭け事ができますよね。
しかも、日本中どこでもギャンブルができるのです。パチンコ屋さんなんかは至るところにありますし、宝くじも街に出れば簡単に買う事ができるのです。

日本人は、ギャンブルは良くないものと知りながらも、生活の中に溶け込んでしまっているのです。だから、ちょっとした娯楽として簡単に賭け事がてきてしまうのですね。

私の以前の職場の同僚は、休みの日や仕事帰りによくパチンコに行く人が多かったようです。これは、パチンコが生活の一部になってしまっているということなのですが、この辺りが日本のギャンブルの特殊性なのです。

 
 
ギャンブルの都市といえば、カジノのあるラスベガスやマカオをイメージできると思います。日本よりもギャンブル産業が盛んで、日本よりも住民の生活に大きくギャンブルが関わってるというようなイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。

ラスベガスの住民は、日本のようにギャンブルが生活の一部になっているわけではないのです。ギャンブルに関連する施設で働いている住民が多いのですが、彼らは基本的に職業としてギャンブルに関わっているのです。

そもそも経営する側のスタイルが全然違うのです。

 
 

日本のギャンブル


ラスベガスやマカオというのは観光都市です。
観光の中の一つの要素としてカジノがあるのです。

私の感覚では、ラスベガスはファッションとショッピングの街だという印象を受けました。
かなり大規模なホテルがたくさん並んでいて、それらのホテルの中は大きなショッピングモールになっていて、その一部にカジノがあるという感じです。

マカオは純粋にギャンブルの街という印象を受けましたが……。

ホテルがあり、ショッピングモールがあり、カジノがある、このような場所に来る人といえば「旅行客」です。

つまり、ラスベガスやマカオのカジノのターゲットは旅行客なのです。旅行客といえば、最低でも旅費を捻出できるだけのお金を持っているいる人ですよね。
このような観光都市のカジノは、お金持ちを相手にするビジネスなのです。

 
では、日本のギャンブルはどうでしょうか?

日本では、ギャンブルのターゲットが一般の国民です。

海外からの旅行客は日本でギャンブルをしようとは思いません。

お金持ちはパチンコなんかに時間を費やす事はないのです。
例えば何億と資産を持っている人が一万円や二万円の勝ち負けで一喜一憂することはないのです。

一万円や二万円の勝ち負けで一喜一憂する人というのは、お金持ちでは無い人です。

特に、ギャンブル依存症で破滅に向かっている人というのは、低所得な人が多いですよね。

言い換えれば、日本のギャンブルは労働者層や貧乏人を相手にするビジネスだということです。

 
 

労働者から搾取するために必要なギャンブル

国にとってギャンブルは、国民からお金を取り上げるのにとても役に立っています。

税金のように無理矢理お金を取り上げるのではなく、国民の自己意思でお金を捨てに行ってくれるのです。
しかも、何の価値も与えずに、お金を吸い上げる事ができるのですから願ったり叶ったり。

ギャンブル依存症は社会的に問題視されていますが、国はギャンブル依存症で生活困窮者が出ようが関係ありません。
むしろギャンブル依存を推奨しているとも言えます。

一つ問題があるとすれば、ギャンブルに依存しすぎて働かなくなる事です。国からすれば、そんな人は労働者としての価値が無くなってしまうのですから…。

国の意思は、労働者を適度な貧困状態に落とし入れて、国民を従順な労働者に仕立て上げるのです。

国は昔から無知な弱者から富を吸い上げる事に必死なのです。
そのためにはギャンブルは、国民から上手く搾取するためのツールの一つなのです。

 
 
関連記事
どれだけ働いても豊かにならない社会
 

国民を洗脳するための義務教育

 
 

統合型リゾート問題


日本での統合型リゾートに反対する意見ってたくさんありますよね。

・ギャンブル依存症を助長する
・治安の悪化

これが国民にマイナスとなる要因だと考える人が多いのです。

ギャンブル依存は今現在の日本のギャンブルが引き起こしている問題です。

今現在パチンコに依存している人は、カジノができたとしても、カジノに依存するとは考えられません。なぜなら、ギャンブルに依存している人は、あえて遠くのリゾート地に足を運んでギャンブルをすることよりも、近くでお手軽にギャンブルをすることを選びます。

そもそも、統合型リゾートのカジノのターゲットは観光客であり、そこそこお金を持っている人たちです。
国内の労働者層からお金を搾り取るようなビジネスではないのです。

そんなことより今現在のギャンブル依存の方が致命的な問題なのです。

 
治安に関しても、カジノができることが治安の悪化につながるとは考えにくいです。

例えば、ラスベガス中心部のカジノがたくさん集中している地域というのは、比較的治安が良いのです。

それは、大きなお金を動かすビジネスなので、警備に力を入れています。さらに治安が悪ければ観光地としての魅力が薄くなってしまいますからね。だから街をあげて治安の向上に力を入れるのです。

普通、観光に来ている人が、なにか犯罪を犯そうなどとは思いませんしね。

とは言うものの、私はラスベガスの街中で、地元住人と思われる少年によるひったくり現場を目の前で目撃しました。

このように、観光地で治安を悪化させる原因を作るのは、観光に来ている外国人なんかじゃなく、地元住人の可能性が高いのです。
もし、観光に来ている外国人が日本の治安を悪化させるのだとしたら、カジノの有無に関係なく、今現在すでに治安は悪くなっているはずですよね。円安の影響で外国人観光客は急増しているのですから。

 
 

最後に

統合型リゾートを批判するような声が多いですよね。

私も、統合型リゾート推進には全面的には賛成しているわけではありませんが、パチンコや宝くじなどのギャンブルに比べればまだまともなビジネスだと思っています。

一般庶民からお金を巻き上げるビジネスより、お金持ちにお金を落とさせるビジネスなのですから良心的ですよね。

 関連記事
お金持ちになる第一歩の貯金がなぜできない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました