信じて良い占いとダメな占い

FeeLoona / Pixabay

こんにちは♪haruです(・ิω・ิ)

今日は占いについてのお話しです。

みなさんは占いを信じますか?
占いってなんだか胡散臭いって思う方も多いかもしれませんが、私は結果によっては信じても良いものと思っています。

過去には占いブームも有りましたよね。今でも商業施設の中に占いのお店を出店していたり、街角でも占い師の人を見かけたりします。

たまに占い師の人に観てもらいたいと思ったりするのですが、私の場合は、ただの好奇心ですね。客観的に私の人間性をどのように見てくれるのかが知りたいだけだったりします。

でも、中には本当に悩みがあり、藁をも掴む思いで占い師に助けを求める方もいるでしょう。

そういった方に、まず知っていてほしいことは、「信じてもいい占いと信じたらダメな占い」があるということです。

占いの種類の良し悪しではなくて、占いする人の良し悪しです。

スポンサーリンク

信じるべき占い師

Didgeman / Pixabay

信じても良い占い師というのは、本当にあなたの幸せを願って助言してくれる占い師です。

と言っても、占い自体が信頼性があるものなのかは、私には分かりませんが、あなたの幸せを願ってくれているということが大事なのです。

このような占い師の方は、あなたにとって良い結果を伝えてくれます。

「3年以内に良い人と巡り会えます」

「仕事の運気が上がり、事業が順調になっていく」

「友達関係の悩みはすぐに解決します」

このようなポジティブな結果を伝えてくれた場合は、それを素直に信じて行動してみてください。

ポジティブな考えは、ポジティブな人を引き寄せていきます。
そしてポジティブな感情はお互いに干渉して、より良い結果を生み出していくのです。
この占い師の方の周りにはたくさんのポジティブな人たちが集まっているはずです。

ポジティブな結果を伝えて、ポジティブに考えなさいと言ってくれる占い師の方は、本当にあなたを幸せにする事を考えていると言えます。
あなたをポジティブに導くことが結果的に、自分を更に高める事にもなるのですからね。

 

信じてはいけない占い師

プロの占い師はビジネスで占いをしますよね。
占いの知識を与えてくれる対価としてお金を支払うのです。
これは当然なのですが、占い師は占う事以外に収入を得ることができる人もいます。

それは、開運グッズやお守りなんかを販売したり、特別な祈祷などを行い収益を上げる方もいますよね。

これが、ものすごく高価な物だったりしてビックリするような話を聞くこともあります。

私には、このようなお守りに相応の高価があるのかは分かりませんが、それを購入したことによって購入者が価値を感じれるならそれでも良いとは思っています。
神社などで買う「交通安全のお守り」も同じようなものですからね。

ただし、占い師の目的が、このような商品の販売だとしたら問題ですよね。

このような占い師の方は、相談者のために助言するのではなく、自分の利益のための助言をします。
購入に導くための営業をかけてくるわけですね。

 

自分で占い師を見極める


あなたが本当に困っていて、誰かに頼りたいと思ったとしたら、あなたのためを思ってくれる人の方がいいですよね。

あなたの幸せを願ってくれる占い師なのか、自分の利益を目的とした占い師なのかを判断しましょう。

相手はプロなので見極めるのは難しいと思うかもしれませんが、実はとても簡単です。

占い師の言葉に不安や恐怖を感じるかどうかです。

例えば、

「あなたは、このまま行くと3年後には大きな病気になります」

「あなたの家族が事故に合います」

というような不安を煽るような事を言う占い師は絶対に信じてはいけません。
このような事を言う占い師は、不安を煽ることで自分の販売ビジネスにつなげようとしているからです。

 

「不安」は営業の基本

Engin_Akyurt / Pixabay

商品を売り込む手段の一つとして、相手の判断力を低下させるという方法があります。

人は不安や恐怖を感じるとまともな判断ができずに相手の言葉に流されてしまう傾向にあります。更に、考える時間を与えないようにすることで追い打ちをかけると、簡単に人は流されてしまうのです。

オレオレ詐欺や還付金詐欺の手口もこのような方法ですよね。
ます不安や恐怖心を煽って、精神状態を揺さぶり、考える間もなく金銭を引き出させてしまうのです。

ここで占い師の話に戻りますが、

占い師に相談に来る人というのは、最初から不安を抱えていますよね。ということは、最初から流されやすい精神状態になっているということなのです。

不安の規模が大きければ大きいほど、その傾向が強くなってしまうのです。

そんな精神状態なら、更に不安に陥れることもできてしまうのです。

このように、占い師の立場は、不安を抱えた相談者を簡単に操作できてしまうので注意が必要ですよね。

 

ネガティブな結果は無視しましょう


もし「あなたは3年後にガンになります」というような話を真に受けてしまえば、ガンに侵される恐怖を味わいながら生活することになりますよね。

そんな精神状態で生活していると、体は健康だったとしても、本当に体調不良を起こします。

人は、思い込むことによって本当にそれを実現してしまう力があるのです。

「自分はガンになる」と思い込んでいたら本当にガンになってしまいます。
「自分は不幸になる」と思い込んでいたら本当に不幸にもなります。

ネガティブな思考は、不幸を引き寄せてしまうのですね。
自分は不幸だと思っている人は、自分で不幸を引き寄せてるだけなのです。

逆に、「自分は幸せだ!」とポジティブな思考を持てば、幸せを引き寄せる事ができるのです。

だから、ネガティブな占いは無視して、ポジティブな占いを信じましょう。

 
関連記事
劣等感は精神の無駄遣い。簡単に治せます。

感情にコントロールされる人は自分で不幸を選ぶ

最後に

血液型占いを信じている人って結構多いですよね。

これは日本だけらしいですよね。海外では血液型で性格診断なんてバカバカしいって鼻で笑われてしまいます。

血液型占いは、科学的な根拠も無いですから当然です。

でも私は、血液型占いは、そこそこ信憑性があると思っています。

なんだかんだ言っても血液型を気にしてる日本人は多いですから、日本人は血液型による性格の特徴を子供の頃から刷り込まれているのです。

A型の子供は、幼い頃から「あなたはA型だから几帳面だよね〜」とか言われながら育ちます。だからその子は几帳面な性格の子になるのです。

私はО型なのですが、昔から「大雑把だね〜」って言われながら育ちました。
そのおかげで私は大雑把な大人に成長したみたいです(^^)v

もし子供の頃から「私はB型だ」と嘘をついて生活していたら、今ごろ自己中な大人に成長していたかもしれませんね。

……占いってこの程度のものなんです。

自分にプラスになると思ったら利用すればいいのです。

でも、占いに振り回されたらダメですね。

関連記事
「悪い子供」は大人の言葉がつくります

コメント

タイトルとURLをコピーしました