[Valid RSS] 「お金は汚い」と思っているからお金が逃げていく | 帰り道
スポンサーリンク

「お金は汚い」と思っているからお金が逃げていく


こんにちは(^^)haruです☆

お金の悩みを抱えている人は多いですよね。
みんなできることならお金に縛られずに生活したいと思うのは当然ですよね。
しかし世間には、お金に縛られずに自由に生きている人も存在します。それはただお金持ちだからというわけではありません。
お金に対する考え方が違うのです。

もし、あなたがお金に縛られて窮屈だと思いながら生活しているのなら、ある考えに囚われているからかもしれません。

スポンサーリンク

お金に対する価値観


お金に対する価値観の持ち方で、あなたにお金が寄ってくるか逃げていくかが大きく変わります。

もし、あなたがお金に対して否定的な価値観を持ってしまっているのならまず間違いなくお金持ちになることはできませんし、金銭的な自由を手に入れることはできません。

自分が嫌いなのもを自分から遠ざけるのは当たり前ですよね。納豆が嫌いな人の家の冷蔵庫の中には納豆は入っていません。それと同じで、お金が嫌いな人は自らお金を遠ざけているのです。

そして、お金に否定的な価値観を持っていることで自ら貧乏人になることを選んで、お金に縛られた生き方をしているのは人は本当に多い。

まずは、あなたがお金に対する価値観が肯定的なのか否定的なのかを知る必要があります。

いくつかの質問をします。

お金儲けをすることは素晴らしい事ですか?それとも強欲ではしたない事ですか?

楽してお金儲けしているのは良いことですか?悪いことだと思いますか?

お金儲けを「素晴らしい」「良いこと」と思える人は肯定的な価値観を持っている人ですね。そう思えない否定的な価値観を持っている人はかなり多いのではないでしょうか?

そんな人は、

・必要以上にお金を稼ぐなんて品が無い。
・楽してお金を稼ごうと思うなんて酷い人だ。
・お金は汗水流して努力した結果もらえる物だ。
・お金持ちは何か悪いことして儲けている。
・金持ちは嫌いだ。
・自分はそんな人間になりたくない。

というような考えを持っています。
お金に肯定的だと思っている人にも当てはまる内容があるのではないでしょうか?

もっとわかりやすい質問をするなら、

「会社で全く仕事をしていない上司が、自分の2倍の給料をもらっています。」
腹が立ちますか?

腹が立つという意見の人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?「腹が立つ」と思っている人はみんなお金に否定的な価値観を持っているといって良いでしょう。
なぜなら、楽して給料をもらうことが悪いことだと思っているからですね。

お金に肯定的な価値観を持っている人はそんなことで腹が立ちません。むしろ「羨ましい」と思います。

どうでしょうか、あなたのお金に対する価値観がはっきりしたのではないでしょうか?

もし、お金持ちになりたいと思っている人でも、このように無意識でお金稼ぎを否定している人ならばお金が寄って来ることはありません。

 

お金に否定的な人


楽をしてお金稼ぎをしている人に怒りを覚えるということは、お金を稼ぐためには苦労や努力が必要だという思い込みを持っている人です。
だから苦労や努力をせずにお金を稼いでいる人を見るとズルいと思うんですよね。

そう思っている人は当然、お金を稼ぐためには苦労や努力をしなければなりません。自分の持っている「何か」を誰かに与えて、その代償として報酬を受け取るというお金稼ぎの方法しか知りません。

だから多くの人は、会社に自分の時間を与える代わりに給料をもらうことにこだわります。時間だけでなく腕力や知力や精神力を与えたりすることもありますよね。
つまり、自分の持っている資産を売ってお金に換えているのです。

お金を稼ぎ続けようと思えば、売り続けなければなりません。売ることをやめると報酬はもらえなくなりますからね。

では、この方法でお金持ちになろうと思えばどうすればいいでしょうか?

答えはシンプルです。

今までの10倍の収入を手に入れようと思えば、10倍の時間を売ったり、10倍の腕力を売ってお金に換えれば良いのです。

これがいかに非現実的なことかはわかりますよね。10倍の給料が欲しいからといって1日に80時間も働くことも、10倍の重さの物を持ち上げることも不可能です。

つまり、自分の資産を売ることでしかお金を稼ぐことができない一般人というのは稼げる金額に限度があるということです。お金持ちにはなることができないのです。

もしかしたら、かなり苦労や努力を重ねれば今までの2倍ぐらいは稼ぐことができるかもしれませんが、自分の時間や体力や精神力を大量に費やすことになります。

金銭的な裕福さを手に入れようと思えば、大量の時間や体力を売らなければならない。
時間的な自由を手に入れようと思えば、金銭的な裕福さは諦めなければならない。

自由を優先するか、お金を優先するかの二者択一です。

これが「お金に縛られる人」の本質です。

お金に否定的な価値観を持っている人というのは、お金のことを真剣に考えることから逃げていて、無意識のうちにお金に縛られることを選んでいる人です。

お金持ちの人は、あなたの10パーセントの労力で10倍の収入を得ています。出来るだけコストを下げて大きな成果を上げる方法を考えて行動しています。
これは言いかえれば「出来るだけ楽して収入を増やそう」という考えであり、お金の縛りから解放される唯一の方法なのです。

「仕事をしないのに給料をたくさんもらっているダメ上司」はある意味正しい行動をしている。これを批判するのではなく、「羨ましい」と思えることがお金持ちになれる第一歩かもしれませんね。

コメント