便利なショートカットレシピ→かんたんタイマー


iPhoneアプリ「ショートカット」のレシピを紹介します。

今回は、「かんたんタイマー」のレシピを作ってみました。

みなさんはiPhoneの時計アプリのタイマー機能を使うことはありますか?

使えば便利な場合はたくさんあるのに、あまり使うことがない人が多いのではないでしょうか?

実は、私もあまり使っていませんでした。

なぜなら、タイマーのセットをする手間がめんどくさいからです。

iPhoneのタイマー機能がとても便利だということは分かっているのですが、タイマーセットの手間がどうしてもネックなのです。

例えば、家での勉強中に急に睡魔に襲われた時、「10分だけ仮眠しよう」と思ってもタイマーをセットする余裕もなく寝落ちしてしまったりするのです。

つまりタイマー機能は、自分に余裕がないとセットすることもできなません。特に緊急事態なら、なんだかんだ時間のセットが困難なのです。

こんな時に「一瞬でタイマーをセットできたらいいのになっ!」って思って作ってみたのが「かんたんタイマー」のショートカットレシピです。

ショートカットアプリの使い方↓

スポンサーリンク

かんたんタイマー

名前の通り、かんたんに一瞬でタイマーをセットできるレシピです。

↓こちらからレシピの取得↓

使い方はとても単純。

ショートカットを実行したらリストが現れます。

「3」「5」「10」の三択のリストですね。

このリストから選択すると、3分か5分か10分のタイマーをバックグラウンドで実行してくれます。

タイマーは、iPhoneにもともと入っている時計アプリのタイマー機能を使っているので、タイマーに設定しているアラーム音が使われるので、あらかじめ好きなアラーム音を設定しておきましょう。

 
ショートカットを起動して、数字を選ぶだけというとてもシンプルなレシピですよね。

でも、「3分」と「5分」と「10分」しか選べないんじゃ使い物にならないよ!って思うかもしれませんが、大丈夫です。

このレシピの中の数字を変更するだけで好きな時間のタイマーをセットできるようになります。

ショートカットボタンの右上にある「…」マークをタップして、レシピの編集画面を開きましょう。

このレシピの一番最初に「リスト」って項目があるのですが、この中に数字が入力されていますよね。

単純にこの数字を変更すればOKです。

好きな数字(分)をセットしておきましょう。

ちなみ、今は三択に設定されていますが、選択肢をもっと増やすこともできます。

「カップラーメンの3分」

「煮物の煮込み時間」

「朝起きた時の、二度寝のタイマー」

など、よく使う時間をセットしておけば、とても便利ですよね。

 

↓こちらからレシピの取得↓

 
関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました