家を買う前にしっかり考える事

こんにちは(^-^)haruです♪

一生のうちで一番高価な買い物といえばなんでしょうか?

多く方が「家」と答えるでしょう。

特に新築のマンションや一戸建を手に入れることはとても魅力的ですよね。

だから、夢の新築マイホームを建てることを目標に日々頑張っている方も多いのですね。

ということで、今回は家の購入についてのお話しです。

これから家を買うって方は、もう一度冷静に考えることをオススメします。
 
 

スポンサーリンク

家を買う思考


新築の一戸建を建てようと思えば、3000万円ぐらいで建てれるんだね。

もちろんそんな現金は無いから銀行でローンを組んだら購入することができるね。

聞くところによると、35年ローンを組むなら、毎月の支払い額は9万円〜10万円ぐらいで良いみたいなんです。

今の賃貸マンションの家賃が8万円なんだから、あまり変わらないんだよ。家を買うのって思ったより安くてビックリですね。

しかも、ローンを払い切ったらその家と土地は自分の資産として手元に残るんだから絶対に買っておかないと損だよね。

逆に賃貸マンションで家賃を払い続けても最終的に何も残らないのだからお金を捨てているようなものって感じがする…。今までなんてもったいないことしてたんだろう。

 
この考え方は、非常に危険な考え方です。

一生お金に縛られて生きる人の典型的な思考なのです。

 
 

銀行の奴隷になる間違った思考


ローンの支払い額は、家賃の支払いとさほど差額はないと思うかもしれませんが、持ち家を持つことで他にもたくさんのお金がかかってしまう事がイメージできない人が多いのです。

固定資産税
家の建て方によって大幅に変化するのですが、毎年10万円〜20万円ぐらいは必要になってくると思います。

維持費
例えば、台風などの災害で屋根が壊れたりした場合、修繕費用は自分持ちになりますよね。これは賃貸マンションであればマンション側の責任範囲となるので、個人が支払う必要は無いのですが、持ち家の場合はこのような維持費が絶対に必要になってきます。

このように想定外の出費も考えられるので、その辺りも考えに入れておく必要がありますね。
単純にローン支払いが、賃貸マンションの家賃の支払いとさほど変わらないと思っていたら後々痛い思いをするかもしれませんね。

 
 

銀行が儲けるための仕組み


ローンを組むと間違いなくついてくるのが利息です。

ちなみに、3000万円の借り入れで35年ローンなら最終的に600万円〜700万円ぐらいの利息分をプラスして返済する事になります。

何千万円という買い物で金銭感覚が狂ってしまうかもしれませんが、600万円は物凄い大金ですよね。
普段の生活費を頑張って節約していても、一瞬で吹き飛ばしてしまうぐらいの利息なのです。

 
そして仮に、3000万円融資してもらって、堅実に利益を出せるようなビジネスをするのなら、それは正しい選択と言えます。

しかし、住宅ローンで家を建てても、基本的にそこから利益が生まれることはありませんよね。

住宅ローンは、契約した時点でお金を支払う義務が発生するのですから、言い換えれば、家庭の運営にとっての「負債」なのです。

当然ですが、支払いが困難な状況になっても、途中でやめる事は出来ません。
だから、借金返済のために働き続けなければならないという精神的なプレッシャーにもなってしまいます。

そして大事な話しがもう一つ。

銀行は無条件でお金を貸してくれる訳ではありません。

ローンの契約と同時に生命保険に加入させられます。

「死んでもお金返してもらうよ。」って意味です。

銀行の利益のために、一生懸命働いて、何があってもお金を回収される。

まさしく銀行の奴隷ですよね。

 
 

家は資産


家を買ったらもちろん自分の資産となるのですが、資産の価値は無いと思っておいた方が良いです。

これから日本では人口が大幅に減っていきます。

今でも空き家問題で溢れているのに、これから20年後には更に空き家が増えて行く事が予想できます。

住宅の需要が減ってくるという事です。

みんなが必要としていない家なんて価値が下がっていく一方です。というか、安くしても売れないという事になるでしょうね。

ただ土地に関しては、資産価値として認められるとは思います。
しかし、郊外の土地なら価値は下がっていく可能性が高いと思います。

 
単純に、資産価値のために家を買うのは間違いだという事です。

 
 

どうしても家が欲しい!


今まで、かなり否定的な事ばかり言っていると思うかもしれませんが、私は家を買う事に反対している訳ではありません。

あなたにとって家が必要である事が大前提ですけどね。

注意しなければならないのは、必要としていないのに買ってしまう事です。

例えば、消費税増税前の今のうちに買ってかないと損するから。って理由で住宅購入を呼びかける動きがあります。

こんな損得感情でこんな大きな買い物をしてはいけません。どちらにしても損するのですから。

 
どうしても家を買うなら、出来るだけローンの金額を抑えて支払い期間を短くする事に専念しましょう。

例えば、投資信託などでお金を運用しようと思うなら先にローンの返済に充てたほうが良いのです。

100万円を返済した場合、ローンの金利が1.5%なら、返済に充てた100万円を年利1.5%で運用しているのと同じになりますからね。

銀行からの束縛から出来るだけ早く解放されるようにする事が大切でなのですね。

 
 
関連記事
何よりも大事なお金の教育

消費税増税に注意


消費税増税前の今のうちに住宅を買っておかないと損しますって話しよく聞きますけど、騙されてはいけません。

このような国家ぐるみの宣伝で、増税前までの時期に間違いなく住宅の需要が上がります。

みんな、「今買わないと損する!」って騙されて慌てて家を買いに走るのですね。

それでどうなるかというと、売値が上がります。

みんなが欲しいと思っているものは金額が上がるのです。
なぜなら、売値を上げても売れるからです。

しかも、この時期の購入者は増税前で慌てていて、まともな判断力が欠如している可能性が高いので良いカモになります。

例えば、適正価格が1000万円の物件を1200万円で販売したりするのです。

いつも買っているレタスなら、100円の売値が高いか安いか分かるのですが、家なんて買った事のない素人にはその家が1200万円が高いのか安いのか分かりませんよね。

今焦って購入するなら、1200万円に今の消費税8パーセントを足すと、1293万円になります。

もし、消費税増税後に適正価格の1000万円で購入するとしたら、消費税の10%を足して1100万円で購入できるのです。

なんと193万円差です。

つまり、需要の高くなっている今の時期に焦って購入してしまうと思わぬ大損をしてしまう事になりますよね。

一見、消費税分の差額で得すると思いますよね、その感情を利用して購買意欲を高めて高値で売る。これが今の状態だということを理解しましょう。

 
 
関連記事
プロが教える引越し料金ガイド

知らないと損する賃貸住宅

同じ会社員なのになぜか貧乏人と金持ちが存在する

モデルルームの家具が手作りな理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました