片付けは心の整理

スポンサーリンク

片けが苦手な人が、部屋を片付けれるようになる方法。

 

整理整頓された部屋での生活は心を落ち着かせます。でも、片付けが苦手だと悩んでいる人は多いのでしょうね。

 
世間には便利な収納グッズや、片付けの方法を教えてくれる本やテレビ番組が溢片付けが苦手な人が、部屋を片付けれるようになる方法。
 
整理整頓された部屋での生活は心を落ち着かせます。でも、片付けが苦手だと悩んでいる人は多いのでしょうね。
 
世間には便利な収納グッズや、片付けの方法を教えてくれる本やテレビ番組が溢れています。
 
 
それだけ「片付け」に関する需要が高く、片付けが苦手で困っている人が多いということなのでしょうね。
 
あなたは片付けがとても難しい事だと勘違いしていませんか?
 
難しい事を解決するための方法を特集するテレビを見たり、本を買ったりする事で、知らず知らずのうちに「片付け」が難しい事だと擦り込まれてしまっているのかもしれませんね。
 
片付けは難しいと思わせたほうが、お片づけグッズを売り込みやすいですからね。
 
難しいと思っている事は、本当に難しくなってしまいます。 

乱れた家は家庭崩壊の原因になります。

乱れた部屋が心に与える悪影響は、とても大きいのです。
 
特に一人暮らしではなく、結婚して家族と一緒に住んでいる場合には、部屋が散らかっている事で、家族間の関係が悪化してしまう原因にもなります。
 
人は、物が溢れて散らかっている部屋で生活をしていると、知らず知らずのうちにストレスを受けています。
 
その結果、イライラしやすくなる、集中力が無くなるなどの状態が日常的に起こります。
 
そして、夫婦間では、ケンカが増えて不仲になったり、子供は学力が落ちたりキレやすくなったりします。
 
なぜか、些細な事でイライラしたり、口論になったりする事はありませんか?
 
それは、このような自覚できないストレスが引き起こしているのかもしれませんね。
 
他にも、探し物が見つからないとか、積み重ねているものを崩してしまうなど、直接的なストレスの原因にもなってしまいますよね。
 
家庭は生活する中で一番落ち着ける空間であるはずの場所です。
 
その空間を整理整頓する事は、心の整理にもなるのです。
 
 

片付かない原因と対策。

1.物が多すぎる。

片付かない原因は、これが圧倒的に多いでしょう。
 
家のスペースや収納の容量と物のバランスが取れなくて、常に冷蔵庫や収納にパンパンに物が詰まっていて、戸棚を開けると中の物が崩れてきたりします。
 
こうなると、スーパーで買い物をして帰ってきても物理的に収納に片付ける事が出来ないので買ってきたものは一旦その辺に放置される事となります。それを繰り返せば部屋にどんどん物が溢れてきます。
 
解決策は、「限られた収納にコンパクトに納める収納テクニック」も良いですが、もっと簡単な解決方法は、「物を減らす事」です。
 
例えば、押入れやクローゼット、物置の中に3年も4年も開ける事なく放置されてるような箱などはありませんか?
 
その箱に何が入っているのかも忘れていて、開けてみると「こんな物があったの⁉」と驚く人は多いです。
 
最初は、いつか使うかも知れないと思い置いているのかと思いますが、結局使うことは無く忘れ去られていますよね。
 
…いらない物ですよね(^_^;)
 
大抵、押入れの奥底に眠っているものは必要ない物です。家族の思い出の品以外のいらない物は捨てましょう。
 
一年以上使わなかった物は捨てる。など自分なりにルールを決める事も大切ですね。
 
必要ない物を収納して「スペースの無駄遣い」をしてはいけません。家にある大半の物は、本当は必要ない物なのです。それをしっかり認識して、いらない物を捨てていけるようになれば、部屋も心もスッキリしていきます。
 

2.浪費癖がある。

あなたは、本当に今必要な物だけを買っていますか?
 
キッチン戸棚の中に賞味期限切れの物が入っていたり、冷蔵庫の奥の方から萎れた野菜が出てくる事がある人は要注意です。
 
冷蔵庫に使っているジャムがあるのに、おいしそうなジャムを見つけたからと言って買って帰り、早速開けてしまう。というような事も浪費の原因ですよね。
 
買い物に行った時、安いからと言って日用品を必要以上に買い溜めしてしまうのもダメです。
 
買い溜めは節約でも何でもないのですから。
 
日常的に買い溜めをするせいで、本来便利あるはずのキッチン収納は、ただの物置になってしまいます。
 
購入前に、本当に必要な物かどうかをしっかり考える事が大切です。
 

3.自分以外に原因があると決めつけている。

片付けがなかなかできないのを、子供のせいにしたり収納スペースのせいにしたりしていませんか?
 
例えば、自分の子供がオモチャを片付けないのは、親が持って帰って来た買い物袋を置きっ放しにして片付けないのを見ているからです。
 
子供は、純粋に親の行動を見て、物を置きっ放しにする事は当たり前の事だと認識してしまってるのです。自分自身がしっかりと片付けができれば、子供もそれを見て育ちます。そうすれば子供もしっかり片付けができる子になんのです。
 
他にも、片付けにくい事を「収納スペースが少ない事」を原因にしてしまうと、解決方法は収納スペースを増やす事になってしまいます。
 
整理棚などを新しく買って設置し、一度は片付くのですが、また物が増えてしまうリスクが高くなります。
 
収納スペースと物の量のバランスが取れないのですから、酷い悪循環を起こします。
 
物が溢れる→家具を買う→物が溢れる→家具を買う→物が溢れる。みたいな感じで、次は家具を置くスペースが無くなると、広い家に引っ越しをしなくてはなりません。
 
たたの無駄な浪費につながってしまいます。
 
このように、他のものに責任を求めてしまうと問題は解決できません。自分に責任があると認識し、努力する人が成功者になれるのです。 
 

最後に…

仕事や家事で忙しくて片付ける時間が無いと言う方は多いでしょう。
 
ですが、もし整頓された状態をキープできたら、片付ける時間なんて本当は必要ないのです。
 
・必要ない物は思い切って捨てる。
 
・物を増やさない。
 
・いらない物は買わない。
 
この3つを実行するだけで、絶対に散らかりにくい家になります。
 
一度片付いてしまえば、気分はスッキリします。そしてそのスッキリをキープするために毎日少しずつ気を付けるだけです。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました