日本人は英語が苦手なのはなぜ?

英語が話せない日本人

これからの社会では英語が必要と言われていますよね。

小学校から英語の授業を導入して、幼い頃から英語に触れ合う機会を増やして英語の能力を高めようという動きもありますが、日本人の英語は全然上達しませんよね。

現に私も学生時代は英語の教科は苦手な方だったので、そのため未だに英語を話すことはできません。

同じような方も多いと思いますが、実は日本人の英語下手はなるべくしてなっているのです。

 

スポンサーリンク

外国から見た日本人の英語

一時期、ピコ太郎の「PPAP」が世界中で一世風靡しましたよね。

あの中に出てくる「I have a pen.」という言葉があるのですが、これはネイティブが外国人が聴くと変な英語らしいのです。

こんな言葉使いはしないらしく、とても奇妙に聴こえるみたいです。

世界中でブレイクした「PPAP」ですが、これを見た海外の人たちはもしかすると、日本人の英語力の低さに面白みを感じていたのかもしれませんね。

「I have 〜」というのは、私たち日本人が英語の教育を受けるにあたって、一番最初の段階で教えてもらう文法の一つなのですが、どうやらこの段階から失敗しているようなのです。

まあよく考えると日常的な会話で、「ペン持ってる?」って聞かれて、「私はペンを持っています。」みたいな丁寧で堅苦しい話し方はしないですよね。

 

使えない英語を教える義務教育


学校は間違った英語を教えているわけではないのでしょうが、実用性のある英語は教えてくれません。

実用性のある英語とは、英語でコミュニケーションを取るということなのですが、学校の授業では英語で会話の仕方を教えてはくれませんよね。

学校が教えているのは、英語の使い方だけです。

使い方だけを詰め込んでも実際に活用なんか出来ないのです。

例えば、スマホを初めて使う人が使い方の説明書を一生懸命読んで覚えたとしても、それでスマホを完璧に使いこなせるはずがありませんよね。

本当に必要なのは実践することです。

英語が話せない日本人は、この「実践」が抜け落ちているのです。

もし英会話を習得したいのならば、近道は英語の勉強をするのではなく、ネイティブな外国人の方と積極的に話をすることです。

 

わざと難しく教えられる

英語でコミュニケーションが取れるようになるという目的で学校が英語を教ているのではありません。

学校の教える英語は人に優劣をつけるための道具です。

日本社会は学校の試験などで人間の優劣をつけますよね。優劣をつけようと思えば、簡単な学問ではダメなのです。

テストを受けてみんなが100点を取れるような内容なら、生徒に優劣をつけることができませんからね。

そもそも英語を学ぶ目的と教える目的にずれがあります。

だから学校で教える英語は難しくできているのです。

 

英語を習得させない国の思惑


教育を設計する国は、意図的に日本人に英語を習得させないようにしています。

日本の教育は善良な労働者を作り出すために設計されています。だから国の不利益になる技能を労働者に教える事は絶対にありません。

お金の知識や税金の知識などと同じように英語力も教えることは無いのです。これらの知識を国民に与えると国が損をするからです。

国は、日本で労働するための労働者を必要としています。しかし国民みんなが海外で通用するような英語力を身につけてしまうと、せっかく日本で育成した労働者が海外に流出してしまう可能性があります。
労働者育成のための国の努力が無駄になってしましますよね。

これを避けるために、あえて難しい英語を教えて「英語は難しい」という概念を刷り込み、日本人を日本国内に縛り付けるようにしているのです。

日本の義務教育で英語をどれだけ勉強しても絶対に英語を話せるようにはならないようにできているのす。

関連記事
国民を洗脳するための義務教育

英会話は学力なんか関係ない

英語で会話することに関しては、義務教育でガッチガチに英語を勉強していた人の方がコミュニケーションが取りにくくなるかもしれません。

私の周りで、昔ヤンチャしてて勉強なんか全然できない人がいるのですが、その人は外国人の方と上手くコミュニケーションが取れているのです。

もちろん英会話を習ったわけでもありません。
誰でも知っているような英単語を何個か並べて身振り手振りで話しているだけなのですが、その程度で会話ってできるんです。

4歳になる私の子供も英語ペラペラです。
英単語も文法も私のほうが10倍は知っているのに私は英語を話せません。簡単な英語ならなんとなく聞くことはできる程度です。

逆に、私のほうが4歳児に英語を教えてもらってるのですからとても奇妙ですよね。

このように、英語の知識だけがいくらあっても私のように英語でコミュニケーションを取ることはできないのです。

 

日本人の国民性

日本人の特徴なのですが、私も含めて多くの人は「英語を話せる?」って聞かれると「話せません」って否定すると思います。

しかし、外国の人は簡単に「日本語しゃべれるよ」って言います。
実際には、日本語の単語をいくつか知っているだけだったりするのですが、そんな人でも平気で日本語得意だと言うのです。

以前、アメリカで出会った二十歳代の女の子が、自分のおばあちゃんは日本人だと教えてくれました。更に学校で日本語を学んだから、日本語を少し話せるとも教えてくれました。

その女の子は、自分の目を指さして「メ」と言ったので、思わず「凄い!!」って思いました。
次に、自分の鼻を指さして「ミミ」と言ったのです。

どうやら日本語を話せるレベルではなかったようなのですね。
これが話せるレベルというのなら、日本人は全員英語を話せるレベルに達しています。

単純に欧米の人は自信家なのです。これが欧米人の良いところなのです。

逆に、日本人は謙虚で完璧主義なため「話せる」とは簡単に言えません。
「英語が話せない」と思い込んでいる日本人はいつまでたっても英語を話せるようにはなりません。

この思い込みのせいで能力に蓋をしてしまっているのです。

できないと思っていることは本当にできなくなるし、できると思っていることは本当にできるようになっていきます。

欧米人のポジティブな姿勢を見習ったほうが、成功に近づくのです。

 
関連記事
バカ真面目に生きてたらダメな時代

最後に

私の知り合いのオーストラリア人の方がいるのですが、日本語をとても上手に話します。

発音もほぼ完璧で日本人の話す日本語と全然変わらないのですが、どうやって日本語をマスターしたのか気になりますよね。

どうやって日本語を勉強したのか訪ねてみると、勉強はしてないって言っていました。

もし、外国語を話せるようになりたいなら、「恋をする事だよ」って言われました。

言葉の通じない外国人の方とコミュニケーションを取りたいと思えば自然に努力して身についていくようなのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました