UFOって信じますか?


こんにちは( ・∀・)haruです♪

先日の夜の事ですが、地球上の物とは思えないような奇妙な動きをする謎の光を見ました。

7〜8個ぐらいのオレンジ色の小さな光がランダムにゆっくり動いて、それがゆっくりと南の方へ移動していき、30秒ぐらいで視界から消えていきました。

それは夜空に見える光としては、私が思いつく限り見たことのないような動きをする光でした。

飛行機でも無い。

花火でも無い。

星でも無い。

となれば、UFOなのでしょうか?

ということで、今回はUFOについて考えて見ました。

 
 

スポンサーリンク

超常現象はあまり信じていない


私は、UFOや幽霊などの超常現象の存在は完全否定はしてませんが、あまり信じてはいません。。というか、存在してもしなくてもどちらでも良いと言った方が正しいかもしれません。

理由は簡単で、私がそれらの超常現象を体験したことがないからです。

だからといって、その類の話しが嫌いかと言うとそうでも無くて、超常現象的な話しは結構好きで、興味深いと思っています。

SF映画を鑑賞するのと同じような感覚かもしれません。

UFOのイメージ


みなさんはUFOってどんな形をしているか想像できますか?
多くの人は、円盤型をイメージするのではないでしょうか?

UFOが初めて目撃されたのが1947年6月24日と言われていて、6月24日は世界的にUFOの記念日とされているようです。

当時、ケネス・アーノルドという人がシアトルのレーニア山て謎の物体が飛んでいるのを見てそれが世界に伝わりUFOが人々に認知されるようになりました。

当初目撃されたUFOというのは、実は三日月型の物体で、それは投げたお皿が水面をピョンピョンと飛び跳ねるような動きで飛んでいたそうです。

その情報を聞いた記者が勘違いをして、お皿の形をした物体が飛んでいた(空飛ぶ円盤)=UFOだとメディアに流れてしまい、世界中に円盤型のUFOのイメージを定着させてしまったのです。

それから以降、世界中のいろんな場所で円盤型のUFOが目撃されることになるのですね。

不思議なのは、当初のUFOは三日月型だったはずなのに、間違って円盤型だという情報が流れると、他のみんなも円盤型のUFOを目撃してしまったということです。
本当なら「UFOを見た!」と言うなら三日月型のUFOが目撃されなければおかしいですよね。

これは、人々がUFOは円盤型という間違ったイメージを刷り込まれた結果、架空の空飛ぶ円盤が見えてしまったのです。

このことからわかるのは、UFOの目撃を全て否定するわけではありませんが、人のイメージが作り出した幻想である可能性が高いということなのです。

もし、当初の情報通り三日月型のUFOの存在が世界中に伝わっていれば、三日月型のUFOが目撃されるようになっていたのでしょうか?疑問ですね。

 
 

私が思うUFO


あまり信じてはいないUFOの正体ですが……

もし、本当にUFOが存在するなら、遠い未来のタイムマシーンだと思っています。

人間の想像できる物は、全て実現可能だと言う話しを聞いたことがあります。

ドラえもんやバック・トゥ・ザ・フューチャーでタイムマシーンが人によって想像されているのですから、いつかは実現できるのでしょう。

UFOがタイムマシーンなら、宇宙人だと思っている生き物は未来の地球人だということになりますよね。

未来の人間は、運動する事が無くなって手足が細くなり、知能の発達により頭部が大きくなり、大量の視覚情報を取り込むために目が大きくなり、太陽にも当たらなくなって肌が真っ白になるのです。
もしこのように人が進化したとしたら、私たちがイメージする宇宙人そのものの形になるような気がします。

そして、革命や戦争時にUFOの目撃情報が多いのは、未来の中学校ぐらいの生徒たちが歴史の授業の一環で社会科見学に来ているのだど思います。

 
 
私的に、希望的な未来を想像してみました( ・ิω・ิ)

 
 

結局、私が見た謎の光は正体不明ですが、たぶんUFOではないのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました