安全な引越しのために必要なダンボールのお話し


こんにちは(^。^)haruです♪

今回は引越しの安全性について、大事なお荷物を梱包するために必要なダンボールの観点からお話しします。

実は、引越しに使うダンボールの選び方で、中の荷物の安全性は大きく変ってきます。

小物をダンボールに梱包する理由は、「運びやすくするため」と「中の物を守るため」なのですが、ダンボールの種類によっては、意味を成さない物があるのです。

せっかくダンボールに梱包しているのに、運びにくくて中の荷物を守ってくれないなんて意味無いですよね。

 
 

スポンサーリンク

オススメできないダンボール


ホームセンターなどで引越し用として売られているダンボールがありますが、あまりオススメできません。

それはダンボールの強度が低いからです。

引越しの荷物を積み込むトラックのコンテナには、床から天井まで目一杯に荷物を積み上げて積載していきます。
ダンボールも三段や四段に積み上げることになるのですが、ダンボールの強度が低いと荷物の重みでダンボールがへしゃげてしまうことが多いです。

特に、本や食器を梱包しているダンボールは重量があるので簡単にダンボールを変形させてしまうのです。
中には、重いダンボールを待ちあげるだけで変形してしまうこともあるぐらいです。

簡単に変形してしまうようなダンボールは、中の荷物を圧迫して破損してしまったり、バランスが悪く運びにくくなるため落下させてしまうリスクが高くなります。

業者さんに引越し作業をお願いした場合、作業中に作業員が荷物を破損させた場合、その業者が責任を持って保証する義務があるのですか、ダンボールの中などの内部損傷は保証の対象外なのです。
ダンボールの箱詰めの仕方やダンボールの強度が原因で発生するような破損はお客さんの自己責任という事になります。

だから大事な荷物を梱包するダンボールは強度の高い物を選ぶ事をオススメします。

 
 
ダンボールを買った事がある方はわかると思いますが、実はダンボールって意外と高額ですよね。

ホームセンターなどで販売している低価格なダンボールでも一枚あたり150円や200円くらいします。引越しではダンボールを数十枚単位で使うことになるので、結構な額になります。

それだけお金をかけても、ダンボールはペラペラで強度が低いのですから困ったものです。

せめて、食器などの重くて壊れやすい物だけでも頑丈なダンボールを使いましょう。

  

引越し業者のダンボール


引越し業者からもらったダンボールだからといって安心してはいけません。

大抵の引越し業者と契約をすると無料でダンボールをもらえますよね。
実はこのダンボールもペラペラで強度が低い事が多いのです。

食器や本などの重たい物は、強度の高いダンボールを用意したほうが良いのです。

引越し業者によって、もらえるダンボールの強度はいろいろあるようですが、中にはとても強度の高いダンボールを渡している業者もあります。

ダンボールの質で選ぶなら、

アート引越センター
サカイ引越センター
アリさんマークの引越社

この大手3社のダンボールはかなり強度があるのでオススメです。

普通のダンボールと違って、Wフロートという素材を使っています。二種類のダンボールを二枚重ね合わせたような造りになっていて、とても頑丈なのです。

Wフロートは、重量物を運ぶ時に使われるダンボールなので、ご家庭の本や食器程度の重さなら充分対応できます。 

引越し大手3社というだけあって、「お荷物の安全性」に対する意識の高さの現れなのだと思います。

 
 

ダンボールは思っているよりたくさん必要


家庭の荷物をダンボールに箱詰めする際、ダンボール何個ぐらい必要なのかを計算するのはとても難しいです。

特に、引越し素人の方の「読み」は大幅にズレていることが多く、少なく見積もってしまう傾向があります。

お客さんが「ダンボール30個ぐらいで足ります」と言うような家庭でも、実際には60個ぐらいに膨れ上がったりします。

感覚とは大幅なズレがあるので、引越し業者と契約する時にダンボールを多めにもらえるように話しておくことをオススメします。

定数以上のダンボールは有料での販売になるかと思いますが、結構オマケしてくれる業者さんや、中古のダンボールなら無料で渡している業者さんも多いので、是非相談してみましょう。

 
 
関連記事
引越しで荷物を壊されない裏技

コメント

タイトルとURLをコピーしました